義母に言いたいことをハッキリ言う 2
2009.08.25 Tuesday 08:55

義母のお誕生パーティーで
真ん中の息子6歳のKが義母に話しかけました。
自分が話したい時に話しを聞いてもらわないと
気が済まないパターンです。


義母は彼女の長男と話していました。


突然義母が大声で怒鳴りました!!


あまりの大声で私がびっくりするぐらい。
周囲の人も驚きました。
Kも驚いて起こって泣きながらその場を去りました。



そこで私は



「ダイレクトなコミュニケーションをすると決めたからには
ここで言いたいことを言おう。」




と、義母に向かって





「叫ぶな!と子供に叫びながら言っても
役には立たない。」





義母は怒った。

「人が話をしている途中に割り込もうとするからよ。」


状況は分かるが、
それでもそのやり方は役に立たない。


すると


「教えてもらう必要はない。」
「母親がそこにいるんだから、あなたが止めなさい。」


それも違う。
これは日本人なら「はい、母親の責任です。」と言いがちがちだが
(もちろん私も日本人ですが)


これはKと義母の間で起こったこと。
子供同士の喧嘩ならば大人の介入が必要だが
義母は私の介助なしにこのことを扱えるだけの立派な大人。


そこに手を出すのは、彼女を見下していることになる。
自分を正当化してそう言ってはみたものの
冷静になれば彼女はそういう扱われ方をしたくないことを
私は知っている。



もちろん私とて上手にできているわけではない。



でも、決意をして口火を切った。
私がダイレクトなコミュニケーションをとることで
この家族間に様々な変化が起こるだろうことを
意図して。




だから発言することに感情は揺れなかった。


でも、彼女の反応を感じた後
心臓がどきどきびっくりした。


それは自分が悪いとか、自分が正しいとかではなく




ダイレクトコミュニケーションの影響を
今まで避けていたからだと思う。





もっと言うことは沢山あったけれども
相手が感情的になっているときに話したとて
耳には入らないので、場を離れた。




ドキドキ以外は感情のぶれがない自分に驚いた。
コミットの力かな。


もちろんもっといい方法があったかもしれない。
皆が周りにいる状況じゃなく
彼女が落ち着いたところで  


など。


でも、タイミング。
これまでの対人関係のパターンを変えること、
よく出来たと思う。
自分をたまには誉めてあげよう。


さて、一連のことの後で


彼女の反応から、自分自身の何に気づくだろうか



と振り返ってみると、、、、




(続く)





*********************************************************************


人生脚本家・ビジネスセラピーコーチ
Crystal Rainbow
小泉 容子


ホームページ :http://www.crystal-rainbow.com
ブログ    :http://blog.crystal-rainbow.com
E-MAIL   :yoko@crystal-rainbow.com
mixi :http://mixi.jp/show_profile.pl?id=979140
TEL     :090-4351-6031







| yokospring | 日常 | comments(5) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment
2009/08/25 8:17 PM posted by: ちーちゃん
その後・・・
どうなったん??
気になる・・・

私は、今日も
感情 揺れまくりですけど・・・
なんか 日々学びやと実感した今日でした。。。
2009/08/25 9:12 PM posted by: めぐ
分かってても言えない事ばかりでした。飲み込んだ思いが《怒り》を生み、あるいは《自分を傷付けたり》。
言えたとしても感情が入って「言わない方が良かった」と後悔したり…言葉を受け取るのが下手で落ち込む事もいつもの事。
でも、このところちょっと変化してきたような気がします(どうかなぁ(笑))

このお話の続きが気になります!
2009/08/25 11:27 PM posted by: ヨウコ
ちーちゃん


気になる?
書き逃げしないでアップするからもうちょっと待ってて。



めぐちゃん

うん、そうだよね。
言いたくても言えなくて、
でも言わないから苦しくて、の繰り返し。


自分が言われたら落ち込んじゃうしね。



自分と他人に対する大きな勇気と愛が

必要だなって感じます。
2009/08/25 11:50 PM posted by: tama
最近、怒りをぶつけあってしまうようなことがあって、
タイムリーな話でした。

でも 怒りの感情の中にも
お互いを大切にしている気持ちが感じられて
無難にやりすごすよりも
愛情を感じられて かえって癒されたし 力になったな。

そこには確かに「勇気」と「愛」が感じられた。
「真実は人を癒す」って本田健が言ってたんだっけ、
だからどこまでも正直でいれば
傷ついてもそれ以上の得られるものがあるんだろうね。

そうしてI’m OKになっていく
自分と世界を信頼できるようになっていく
ギフトなんだな〜って思う。
2009/08/28 6:49 AM posted by: 容子
tamaちゃん


そうでしょう。タイムリーでしょう。
大きな流れやタイミングは似てくるよね。



愛があるからこそ
ラポールがあるからこそ怒れる。

時にその愛を見失ったり
キャッチしそびれたりするけど
確かにそこにある。



今、今のタイムリーな言葉は信用
自分と他者とのね。


また書きます。
いつも深いコメントをありがとう。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://blog.crystal-rainbow.com/trackback/983717
Search
Profile
Recommend
Category
Archive
Latest Entry
Recent Comment
Links
Admin
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Twitter
Mobile
qrcode
無料ブログ作成サービス JUGEM